受託サービス

ポリクローナル抗体の作製

蛋白質、低分子抗原(合成ペプチド)に対する豊富な免疫経験を活用し、お客様のご希望にお応えした抗体を作製致しています。
天然型、または発現タンパク質、合成ペプチド、ハプテンなどの抗原を免疫し、抗体価測定や抗血清の硫安分画、IgG精製、各種アフィニティ精製までのサービスを提供致します。

 

【標準免疫一覧】

免疫動物
ウサギ 2羽 
 ヤギ 1頭 
 ヒツジ   1頭 
 ニワトリ   2羽 
 ラット   2匹 
 マウス  5匹

 

 証明書付も可能です。別途お見積り致します。

その他の動物、数についてもご相談に応じております。お問い合わせ下さい。

 

■ 標準免疫スケジュール(ラット、マウスは除く)

 1.飼育期間 3〜12週間 (ヤギ、ヒツジ 最長15週間)
  免疫期間の延長については、別途お見積もり致します。

 2.免疫    2〜4回
  必要抗原量は、タンパク質、ペプチドの場合 ウサギ1羽当り0.5〜3mgが一般的ですが、動物種や抗原により異なります。
  お問い合わせください。

 3.試験採血   3回〜
  試験採血をご検討いただき、ご相談の上、免疫期間、回数の変更、全採血などのスケジュールを決めさせていただきます。
  採取毎に、抗血清を防腐剤なしで凍結して発送致します。

  抗体価測定ご依頼(別途、測定費用が発生いたします)の場合、抗体価測定は3回です。

 4.全採血
  防腐剤なしで凍結して発送致します。

 ※上記は、標準タイプです。ご依頼者指定の作製方法でも実施可能です。

 

【オプション】

国内外の製造メーカーと連携して、各種ペプチドに適した合成法を用い、ペプチド合成やキャリア蛋白質との結合サービスをご提供いたします。

 


※価格はお問い合わせ下さい。


⇒ カタログはこちらよりダウンロードできます。