製品情報

!新製品!

■抗ヒトEpCAMモノクローナル抗体


モノクローナル抗体製品ページ


EpCAMとは

 EpCAM(CD326)は細胞接着や細胞増殖、腫瘍の進行に関与する膜貫通糖タンパク質で、上皮がんで高発現するため、上皮癌由来のがんの診断および予後のマーカーとして使われています。 特に近年、血液中の固型腫瘍由来の循環腫瘍細胞(CTC)の数と転移乳がん、前立腺がん、大腸がん患者の予後の相関が見いだされ、CTCにEpCAMが発現していることから、血中のCTC測定等で利用されています。

 

 EpCAM模式図2



特徴

 膜貫通糖タンパクであるEpCAMは細胞外部分としてN末端EGFドメイン、TY様ドメイン及び1回膜貫通へリックスに近接した未同定のシステイン(cysteine-poor;CP)領域の3つのパーツにより構成されています。他社の抗EpCAMはEGFドメインに対するものが多いのですが、弊社の抗EpCAM(KIJY2)は東北大学加齢医学研究所の高尾雅先生が作製したCP領域に対する抗体です。 (文献1,2)

 

 ・クローン名:KIJY2(CP領域認識)

 

  EGFドメインに対する抗体も販売しております。

 ・クローン名:KIJY1N(EGF様ドメイン認識)

 ・クローン名:KIJY3N(EGF様ドメイン認識)

 
・文献1 MONOCLONAL ANTIBODIES IN IMMUNODIAGNOSIS AND IMMUNOTHERAPY Volume 32, Number 2, 2013 Masashi Takao, Yutaka Nagai, and Tokiji Torii
・文献2 特許出願公開番号 2014-105159 
 
 EpCAM製品情報
 

▼ページのTOPへ戻る

 

 

 

 ※ 大量発注の場合は、別途ご相談ください。

 ※ 価格は、お問い合わせ下さい。


⇒ カタログはこちらよりダウンロードできます。


⇒ 製品SDSはこちらよりダウンロードできます。